看護部について|当院の看護部についてご紹介します

看護部長挨拶

看護部長 藤田あけみ

当院には、外科系、内科系、療養の3つの病棟と手術室、外来の5つのユニットがあります。

外科系病棟は、外科・整形外科の混合病棟で、主に手術前・手術後の患者、化学療法を行う患者さんが入院します。当院には、ICUがなく、侵襲が大きく重症度の高い手術患者が手術後すぐに病棟管理となるため、看護師は高いアセスメント能力・判断力・スキルが要求されます。外科系病棟のスタッフは、質の高い看護を提供することができるプロフェッショナルが揃っています。

内科系病棟は内科・循環器・終末期の患者さんが入院します。高齢者の看護はもちろん、緊急を要する心電図の解析に優れ、その対応に迅速に行動できること、さらに終末期の患者へのゆっくりとした心優しい対応まで必要とされます。この病棟のスタッフは緊急時の対応から終末期まで幅広く対応できるスタッフが揃っています。

療養病棟は医療型で、一般病棟と在宅・施設との間を結ぶ重要な役割があり、一般病棟での治療を終えた患者が対象となります。特に、点滴や経管栄養ではなく経口摂取が可能な状態で退院させたい、という思いで口腔ケアに力を入れております。この病棟には、入院時と同等もしくはそれ以上のレベルで退院して欲しいと願う家族の思いに寄り添い、細部まで行き届いた看護が提供できる、志の高いスタッフが揃っています。

2017年2月から新たに地域包括ケア病棟が開設されました。地域包括ケア病棟には、外科・内科・整形外科・循環器科・呼吸器科と多様な患者さんが入院しており、在宅復帰を目指す患者さんの支援に重点を置いています。多職種、とくに理学療法士、作業療養士らと協働し、早期にもとの生活に戻れるよう支援しています。地域包括ケア病棟には、在宅療養志向の視点を持った対応力のあるスタッフが揃っています。

手術室は、手術のほか内視鏡、特殊検査等を行っています。日々進歩する医療に伴う技術を身に付け、最先端の手術・処置に対応しています。医療安全や感染対策等必要不可欠な管理だけでなく、患者さんに対して安心を提供することも求められます。手術室には、最先端の技術が提供でき、さらにやさしさあふれるスタッフが揃っています。

外来は一般外来と救急外来、休日夜間診療所の3つの役割をもっています。一般外来は、内科・外科・整形外科のほか専門外来があり、救急外来は24時間態勢で患者さんを受け入れています。また、休日夜間診療所は、当院の医師のほか取手市医師会の開業医師との連携で地域医療を行っています。外来看護師は、地域住民とのプライマリーな関わりから特殊専門性、さらには救急対応までジェネラルな知識・技術が提供できるスタッフが揃っています。

このように当院では、地域医療から最先端の医療まで学ぶことができます。ぜひ、自分のやりたいことを見つけてください。

看護部長/藤田 あけみ

 

看護部の理念

私たちは病院の理念に基づき、医療チームの一員として
患者・家族・地域の人々に質の高い看護サービスを提供します。

看護部基本方針

写真/スタッフステーション

  • 1. 医師会病院としてのニーズに応える看護を提供し、地域社会に貢献します。
  • 2. 急性期病院として、地域の中での役割を果たします。
  • 3. 患者・家族の視点に立った、質の高い看護の提供に努めます。
  • 4. 地域医療支援病院であることを認識し、適切・正確な看護を提供します。
  • 5. 専門職業人として、たゆまぬ自己研鑚に努めます。

看護部の魅力

どこにも負けない、私たち看護部の“3Good”

私たち看護部には、どこにも負けない“3Good”があります。仕事を行う上で大切な“コミュニケーション”。看護師として大きく成長できる“教育支援体制”。そして、お互いを思いやりフォローしあえる“ケアサポート”。これらの“3GOOD”を高いレベルで実践することで、安心して長く働ける環境をみんなで作っています。

Good Communication & Discussion 様々な視点や意見が尊重される、誰でも“思ったことを言いやすい”環境

【写真】勤務風景.01

     各病棟で意見が言いやすい
      雰囲気を作る努力を常にしています。

     上司が部下との会話の時間を意識的にとっています。

     みんなが前向きに病院をより良くしたいと思っています。

Good Chance & Training 真の看護力をもつ自立した“看護師になれる”

【写真】勤務風景.01

     プリセプターシップ制度や院内研修が充実しています。

     認定看護師など様々な看護の専門知識と
      技術を習得できます。

      現在は認定看護師4名、特定行為看護師4名
      (皮膚・排泄ケア、感染管理、摂食・嚥下障害)もいて、
      スタッフを専門力でサポートしています。
      また、チームの多職種メンバーから学ぶこともでき、
      院外研修の機会も平等に提供されています。

     目標管理をみんなが身に付け自律して仕事をしています。

Good Care & Support “患者と同じようにお互いをケア”という思いやりのある働きやすい職場

【写真】勤務風景.01

     仲間を気遣い、“お互い様”の精神で助け合い、
      声を掛け合う環境が定着しています。

     年2回の看護部互助会では、レクリエーションを通し
      スタッフ間の親睦を深めています。

     経験豊かな先輩たちが些細な疑問や悩みの相談にのり、
      サポートしてくれます。

【picup contents】取手北相馬保健医療センター 医師会病院 看護部

当院について

当院の概要についてご紹介しています。
院内の様子もご覧頂けますので、
ぜひご覧ください。

看護部について

看護部長からのメッセージや
看護部の理念や方針など、
当院の看護部の魅力をご紹介しています。

当院で働く魅力

看護師の皆さんがやりがいを持ち、
長く安心して仕事ができるように
魅力ある環境を作っています。

看護師の声

当院で働く先輩看護師の皆さんに、
当院で働く魅力や仕事について
インタビューしています。

看護師の一日

当院で働く先輩看護師が、毎日
どのような看護をおこない1日を
過ごしているのかをご覧ください。

教育・支援体制

看護師として必要な知識・技術面を
学び成長できるよう、当院では充実
した教育体制を整えています。